カテゴリー: 未分類

ドッグフードを選ぶときは、まずはパッケージを見て内容をチェックするようにしてください。内容についての記載は、中に含まれている材料の量が多い順に記載されています。一番初めに牛肉やチキンなど、動物性のたんぱく質の名前が記載されているものがオススメです。その際、何の肉が使われているのか材料名がきちんと書かれているものを選びましょう。このあたりが曖昧に書かれているようなものは、注意した方が良いかもしれません。

また、人間の食事についても同じことが言えるのですが、安全で品質の高い材料を使って料理をしようと思ったら、やはりそれなりの費用がかかってくるかと思います。それはドッグフードも同じです。あまりにも価格が安いドッグフードを購入するのは、注意した方が良いでしょう。また、一度にたくさんまとめて買うといった方法もあまりオススメできません。なぜなら、作られてから時間が経てばたつほど新鮮さも損なわれてくるからです。

せっかくなら、少しでも新しいものを与えましょう。ドッグフードを購入する時は、一か月くらいで食べられる程度の量を買うようにするのがオススメです。通販を利用して購入できるものもありますので、買い足しながら食べさせるのも良いでしょう。

市販されているドッグフードには、いろいろなものがあります。一つは、「ドライタイプ」と呼ばれている水分が少なく、硬く歯ごたえのあるのが特徴のドッグフードです。このタイプは、日持ちするといったメリットもありますし、価格を見ても安い傾向があるのが特徴です。しかしながら、やはり保存する場合は直射日光を避けて涼しい所に置くなどの注意点もあります。

空気に触れると酸化しやすくなりますので、ドッグフードを購入したら初めに密封できるものに小分けしておくことをオススメします。また「ウェットタイプ」は、水分が多く柔らかいので食べやすいのがメリット。素材の味を楽しめるので、食いつきが良いといった良さもあります。保存する時は、密封できる容器に入れ冷蔵庫で保存するようにしましょう。あまり日持ちしないので、早めに食べさせるようにしてください。

最後に、「半生タイプ」です。こちらは、比較的後に登場してきたドッグフードで、柔らかく食べやすいのがメリットです。保存する時は、ウェットタイプと同じように密封できる容器で冷蔵庫で保管してください。そして、なるべく早めに食べさせるようにしましょう。いずれにしても、パッケージをチェックして安心できるものを選んでください。

ワンちゃんの寿命をご存知でしょうか?これは、ワンちゃんの種類などによっても違いがあるのですが、だいたい13才~15、6歳くらいだと言われています。しかし、中にはもっと長生きする長寿な犬もたくさんいます。

健康で少しでも長生きしてほしいと思うなら、たくさん運動させたり安心できる環境で育てることも必要。そして、安全なドッグフードを与えることももちろん大切なことです。ご存知のように、数多くのドッグフードがありますが、その中には安心できないような材料や成分を含んでいるようなものもあります。また、気になる添加物などもあります。「BHT」や「BHA」、また半生タイプのドッグフードに用いられることもある「プロピレングリコール」、ヨーロッパなどではドッグフードの使用が認められていない成分でもある「エトキシキン」などは、特に避けるべきです。この他にも、甘味料や保存料、発色剤、保湿剤などの添加物が含まれているものもあり、やはり注意が必要です。

もちろん、添加物の全てが悪いというわけではありませんが、これらのように気を付けなければならない成分があることも確かです。無添加のドッグフードであれば、危険な成分が含まれていませんので安心です。

関連資料〔無添加ドッグフード…NATURAL DOG FOOD〕

ドッグフードを用意する場合、自分で手作りして与えることもできますが、市販のものを選んだ方が良い理由もあります。その理由はいろいろありますが、栄養バランスのとれたドッグフードを用意できることも大きな理由の一つでしょう。手作りする場合、栄養やカロリーなどについて自分で勉強して計算しながら作ることとなりますが、毎回これを行うのはなかなか大変なもの。カロリーが少なければもちろん問題ありですし、反対にカロリーが多すぎるとワンちゃんの肥満が気になります。

ワンちゃんの肥満は健康を害する危険なもの。毎日ちゃんと見てあげなければならないものなのです。それに、ワンちゃんに与えてはいけない食材もありますので、そのあたりのことも注意しなければなりません。市販のものであれば、既にワンちゃんに必要な栄養素も含まれていますし、計量して与えることでカロリー計算もとても楽です。ただし、いろいろなドッグフードが販売されていますが、信頼できるメーカーの安心なものを選ばなければなりません。

安ければよいといった考えで、選ぶことのないようにしたいものです。あまりにも安いドッグフードの場合、中にはワンちゃんに与えたくないような添加物が含まれている場合もあるからです。全ての添加物が危険というわけではないのですが、注意すべきものはあります。食べたもので体や健康が作られていくのは人間もワンちゃんも同じです。当サイトでは、ドッグフードのついて紹介します。