種類について

市販されているドッグフードには、いろいろなものがあります。一つは、「ドライタイプ」と呼ばれている水分が少なく、硬く歯ごたえのあるのが特徴のドッグフードです。このタイプは、日持ちするといったメリットもありますし、価格を見ても安い傾向があるのが特徴です。しかしながら、やはり保存する場合は直射日光を避けて涼しい所に置くなどの注意点もあります。

空気に触れると酸化しやすくなりますので、ドッグフードを購入したら初めに密封できるものに小分けしておくことをオススメします。また「ウェットタイプ」は、水分が多く柔らかいので食べやすいのがメリット。素材の味を楽しめるので、食いつきが良いといった良さもあります。保存する時は、密封できる容器に入れ冷蔵庫で保存するようにしましょう。あまり日持ちしないので、早めに食べさせるようにしてください。

最後に、「半生タイプ」です。こちらは、比較的後に登場してきたドッグフードで、柔らかく食べやすいのがメリットです。保存する時は、ウェットタイプと同じように密封できる容器で冷蔵庫で保管してください。そして、なるべく早めに食べさせるようにしましょう。いずれにしても、パッケージをチェックして安心できるものを選んでください。

Comments are closed.